若い世代にも人気が出始めた事で話題になっているブランデーですが、ウィスキーとの違いは一体何でしょうか?

また、ブランデーとウィスキーを比べてみた際に、太るのはどちらなのか、味や度数やカロリーの違いは何かについて徹底的に調査をしてみました。

【スポンサードリンク】

ブランデーとウイスキーの違いとは?


ブランデーとウィスキーをどちらも似たような見た目であり、どちらも同じなのではないかと思い込んでしまっている人も多いのではないでしょうか?

実際に、ブランデーとウィスキーの違いが全く分からないという人も多いのですが、ブランデーとウィスキーの違いは一体何でしょうか?

そこで、ブランデーとウィスキーの違いについて調べてみたところ、ブランデーとウィスキーの決定的な違いは原料であるということがわかりました。

ブランデーの原料はブドウなどの果物ですが、ウイスキーの原料はトウモロコシや大麦などの穀類です。

その他にも糖化の有無に関しても違いがあり、ブランデーには果物の糖分が入っているため、糖化させる必要がないのですが、ウイスキーには糖分が入っていません。

そのため、糖分を加えて糖化させる必要があるのです。

あまり味や風味の違いはないものの、多少の違いがあるため、覚えておく必要があります。

太るのはどっち?


ダイエット中でもブランデーやウィスキーを飲みたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが、やはりダイエットや太るのを気にしている人の場合、出来れば太らない方を選びたいですよね。

そこで、ブランデーとウィスキーならばどちらの方が太らないのかについて調査をしてみました。

ウイスキーとブランデーは蒸留酒であり、エンプティカロリーでもあります。

そのため、体内に溜め込まないで優先的に代謝してくれるカロリーなので、ウイスキーとブランデーはダイエット中にも飲んで大丈夫と言え、ウイスキーとブランデーは糖質はゼロなので、実際にどちらを飲んでも太ってしまうということが考えられにくいです。

しかし、カロリーに着目してみた際にブランデーは100gあたりのカロリーが237kcalであり、ウィスキーに関しても100gあたり237kcalなのでどちらも同じであることがわかります。

【スポンサードリンク】

味・度数・カロリーの違いは?


ブランデーもウィスキーも決定的な違いはあまりなく、カロリーに関しても同じなので、あまり違いは大きいのではないのでないかと思ってしまいますよね!

そのため、味も度数も対して変わらないと思ってしまっている人も多いかと思いますが、実際に味や度数の違いはあるのでしょうか?

そこで、ブランデーとウィスキーの味や度数の違いについて調べてみたところ、

ウイスキーとブランデーの度数の違いはほとんど変わらないものの、ウィスキーはワイルドとも言われており、水、炭酸で割る事が多いほど、ストレートで飲むにはウィスキーの風味が強すぎる傾向にあります。

それに対し、ブランデーは香りを楽しむためのお酒とも言われており、ストレートでも十分に楽しむことができるようになっています。

また、ブランデーはまろやかであり、飲みやすいのが特徴でもあります。

まとめ

ブランデーとウィスキーの違いや味、度数、カロリーについて徹底的に知ることができたのではないでしょうか?

どちらも似たような味わいや度数であることがわかりましたが、実際には少し異なっていたり、風味が異なることがあるため、自分はどちらの方が向いているのか、楽しむことができるのかを試してみるのも面白いものです。

【スポンサードリンク】