海外でもとても人気で多くの人が飲んでいるクランベリージュースですが、なぜクランベリージュースは人気なのか、クランベリージュースを飲むとどのような効果があるのか、膀胱炎の予防になるとはどういうことなのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

また、妊娠中に飲んでも良いのかについても気になるかと思います。

そこで、クランベリージュースの効果について詳しく解説していきます。

【スポンサードリンク】

クランベリージュースの効果

クランベリージュースを飲むとどのような効果があるのか、メリットは何か知らないという人も多いのではないでしょうか?

実際にクランベリージュースを飲むことによるメリットはとても多くあり、尿路感染症再発予防効果、尿臭軽減効果が主にあります。

クランベリーシリーズには有機酸の一種であるキナ酸やポリフェノールを豊富に含んでおり、渋みと酸味を程よく抑えた飲料と食べやすいゼリーがあったりと、人によって好みに合わせることができます。

介護職、健康食としても人気があり、デザートとしても食べられています。

クランベリージュースは膀胱炎にも効果がある!?

驚くべき事にクランベリージュースは膀胱炎にも効果がある事をご存知でしょうか?

実は、女性がかかりやすい病気としてよく挙がるのが膀胱炎なのですが、実際に膀胱炎に悩んでいるという人も多いかと思います。

なぜ女性の方が膀胱炎になりやすいのかと言うと、尿道口と細菌の多い肛門部が近い、尿道が短く細菌が入りやすいといった理由があります。

さらに、妊娠するとより膀胱炎になりやすいとも言われていて、膀胱内に細菌が繁殖しやすいです。

問題はそれだけではなく、妊娠中はつわりが原因でバランスの良い食事を摂るのが難しく、偏った食生活になりやすいです。

そのため膀胱炎にもなりやすいと言われているのですが、クランベリージュースはそんな膀胱炎に効果があるポリフェノールやビタミンCが高い抗酸化作用のおかげで、膀胱や尿道への細菌の付着や繁殖を防いでくれる役割があります。

その他にもクランベリージュースは豊富な栄養分が含まれていて、妊婦の方はぜひ積極的に摂取することが好ましいです。

クランベリージュースの主な栄養価はビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、タンニン、アミノ酸、キナ酸、アントシアニン、βカロテン、食物繊維などです。

とても多く含まれており、得にプロアントシアニジンというポリフェノールが多く含まれているため、日々の生活でも積極的に摂取したい飲み物です。

本当に妊娠中でもクランベリージュースは安心して飲めるのか!?

いくら美容や美肌に良いとされているクランベリージュースですが、流石に妊娠中は控えたほうが良いのではと不安に感じてしまっている人も多いのではないでしょうか?

そこで、妊娠中でもクランベリージュースを飲むことができる理由について説明します。

実は、クランベリージュースは民間薬として広く利用されており、アメリカなどでは妊娠したらクランベリージュースを飲むようにと言われている程、定番のジュースでもあります。

また、クランベリージュースにはビタミンなどの栄養成分がとても豊富となっていて、さっぱりとした味わいとなっている為、妊娠中でも安心して飲むことができるようになっています。

ちなみに、1日1リットル以上の量を飲まないようにすることが好ましく、適量であれば、妊婦さんも安心して飲めるのです。

【スポンサードリンク】

気をつけて!クランベリージュースの飲み過ぎは危険!?

クランベリージュースを飲むことによって、膀胱炎に効果がある、美肌や美容に良いと話題になっていて、思わず沢山クランベリージュースを飲みたいと思っている人も多いかと思いますが、気をつけなければいけない点として飲みすぎがあります。

クランベリージュースの摂取し過ぎは糖分を摂り過ぎてしまう恐れがあり、飲む際は天然素材で作られた無添加が好ましいです。

クランベリーは自然のものでもあるため、基本的に人体への影響はないものの、不安に感じてしまうという人は一度お医者さんに確認をとってみる事もオススメです。

まとめ

クランベリージュースの効果や妊娠中でも安心して飲むことができる事がわかったと思います。

実際に海外ではクランベリージュースを好んで飲んでおり、妊婦さんは特に飲んでいる傾向にあります。

クランベリージュースを飲む際は比較的に無添加のものであり、飲む量に気をつけて飲むことが好ましいです。

【スポンサードリンク】