若い世代に絶大な人気があるタピオカですが、現在ではとても多くのお店でタピオカを購入することができたり、タピオカドリンクを販売しています。

そのため、どこでも気軽にタピオカドリンクを飲むことができるのですが、気になるのはやはりタピオカのカロリーですよね。

そこで、タピオカのカロリーは高いのか、タピオカの原料や作り方を公開します。

【スポンサードリンク】

タピオカのカロリーはどれぐらい?

もちもちした食感を楽しむことができ、噛んだ時に甘味が出るのが特徴のタピオカですが、気になるのはタピオカのカロリーですよね。

甘味があるという事はカロリーも高いのではないかと疑問に思ってしまう人も多いのですが、タピオカのカロリーはどのぐらいなのでしょうか?

そこで、タピオカのカロリーについて調査をしてみたところ、タピオカ100gあたりのカロリーは351kcalだという事が分かりました。

ちなみに、ご飯が100gあたりのカロリーは168kcalなので、タピオカは高カロリーだということがわかりました。

また、通常のタピオカドリンクでは100gのタピオカが入っている事はあまりなく、平均として大さじ1ほどの量の為、カロリーにすると約28kcalです。

タピオカの原料は?


タピオカはとても美味しい食べ物ではありますが、そもそもタピオカの原料は一体なにか気になったことはありませんか?

そこで、タピオカの原料について調べてみたところ、タピオカの原料は「キャッサバ」というイモの一種である事がわかりました。

この「キャッサバ」の原産地は南米で、サバナ気候や熱帯雨林気候の地域などで栽培されています。

現在では栽培技術が発達しているため、大量に栽培することができます。

しかし、この「キャッサバ」ですが、一部では有毒の食べ物であることでも知られています。

キャッサバには「シアン化合物」が含まれており、食用にするためには毒抜きの処理が必要となっています。

もちろん、生食の状態で日本に輸入することは禁止されているので、不安に感じてしまう必要はあまりないのですが、現在では加工されたキャッサバのみ日本への輸入が許されており、屋台などで販売されているタピオカドリンクは安心して飲むことができます。

【スポンサードリンク】

タピオカの作り方は?

タピオカがこんなにも美味しいのならば自分でもタピオカを作ってみたい、と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、自宅で簡単にできるタピオカの作り方をご説明します。

作り方の手順

材料は乾燥したブラックタピオカ、水、砂糖のみで、乾燥したブラックタピオカを水に漬け、7時間以上浸しておきます。

そして、ひと晩寝かせたら漬け水を捨て、鍋に、茹で水と砂糖とタピオカを入れ、混ぜながら沸騰させます。

タピオカが浮いてきたら、好みの固さになるまで待ち、ザルにあげ、冷水でしめて完成です。

これだけで美味しいタピオカを作ることができます。

また、注意点としてはタピオカの摂取のし過ぎに注意で、やはりタピオカは高カロリーなので、あまり食べ過ぎてしまうと太る原因にもなります。

まとめ

とても美味しく若者に人気のタピオカですが、意外にも高カロリーであることが分かりました。

タピオカは自宅でも簡単に作ることができ、作り方も難しいわけではないので、是非一度タピオカを作ってみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】