プーアル茶は中国雲南省を原産地とした中国茶の一種で、脂肪吸収を抑える働きがあるため、ダイエットにも効果があるということで話題になっています。

また、プーアル茶は他のお茶と違い、2回醗酵させる「後発酵」という方法で作られているため、身体に優しくヘルシーであるため、毎日好んで飲んでいるという人も多いです。

そこで、男性だけではなく女性にも人気があるプーアル茶はどんな味なのか、カフェイン量や妊娠中に飲んでも良いのかについて徹底的に調査をしてみました。

【スポンサードリンク】

プーアル茶の味とその効果とは?


中国から伝わってきたプーアル茶ですが、その味は一体どんなものなのでしょうか?

そこで、プーアル茶の味について調査をしてみたところ、よく言われているのが「プーアル茶はカビ臭い」ということです。

実際にカビ臭いと感じてしまったという人も多いのですが、このプーアル茶はカビ臭いというのは、実はカビ臭いプーアル茶の場合は間違った保管をしている可能性が高く、洗茶する、お茶を蒸すという工程をしっかりと行うことで、他のお茶にはない個性的な味わいを楽しむことができます。

プーアル茶はまろやかで口当たりがとても良く、香りも良いので、飲むたびに癖になってしまうという人が多いのです。

また、プーアル茶を飲むことによっての効果はとても素晴らしく、ダイエット効果があるだけではなく、腸内環境の改善、むくみ解消&デトックス、アンチエイジング&免疫力アップ、冷えの解消、二日酔いの改善といった様々な素晴らしい効果を期待することができます。

プーアル茶のカフェイン量は?


プーアル茶のカフェインは少ないとは言われていますが、そのプーアル茶のカフェイン量はどのぐらいあるのかと気になってしまいますよね。

カフェインの目安 100mlあたりでプーアル茶の場合、カフェイン量は約20mgという事がわかりました。

プーアル茶のカフェイン量は微生物による発酵工程を経ても、減少することは無いのですが、プーアル茶にもカフェインが含まれているという事がわかりました。

また、1日に基準とされている180mgを目安にする場合、プーアル茶の生茶で9杯までなら安心して飲めます。

【スポンサードリンク】

プーアル茶は妊婦でも安心して飲めるのか?


プーアル茶にはカフェインが含まれているということで、妊婦の方は飲めないのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、実際はどうなのでしょうか?

プーアル茶には、ビタミン類やミネラルなど健康効果が高い成分が含まれており、プーアル茶には、ビタミン類やミネラルなど健康効果が高い成分が含まれていない事から、妊娠中、授乳中の方の場合でも安心して飲むことができるようになっています。

しかし、カフェインの摂取に関して中には医師に忠告を受けているという妊婦さんもいますが、その場合にはプーアル茶を飲むことを控えることが大切です。

また、カフェインは、妊娠中でも過剰摂取しなければ問題ないため、過剰に不安に感じなくても大丈夫です。

まとめ

プーアル茶を飲むことによって様々な効果があることがわかりました。

また、正しい保管方法を行うことで、カビ臭く感じることがなく、安心して誰でも飲むことができるようになります。

妊婦中の方でもプーアル茶はカフェインが少なく、赤ちゃんにとっても妊婦さんにとっても安心することができるので、日常的にプーアル茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】