よく妊婦さんはカフェインを摂取しない方が良いという人もいれば、少しの量であれば妊娠中でもカフェインを摂取しても良いということを聞いて、実際はどちらなのかと疑問に感じてしまった経験はありませんか?

そこで、何杯までならカフェインを摂取しても良いのか、カフェインを摂取することで、どのような効果が期待できるのかについて調査してみました。

【スポンサードリンク】

カフェインレスコーヒーとは?


カフェインレスコーヒーという言葉を一度は聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、カフェインレスコーヒーとは一体何かと理解していない人も多いのではないでしょうか?

カフェインレスコーヒーとはカフェインの含有量が少ないコーヒーのことで、EUでは0.1%など一定の基準未満と定められています。

カフェインレスはカフェインが少し含まれている飲み物のことで、全くカフェインが含まれていないというわけではないので注意が必要です。

なぜ妊婦はカフェインを摂取したら危険なのか?


よく、妊婦さんはカフェインの摂取は控えた方が良いという話が話題になっていますが、そもそもなぜ妊婦はカフェインを摂取したら危険なのでしょうか?

それには胎児の発育への影響、低体重児の出産にかかわる可能性が考えられ、カフェインには、カルシウムの吸収を阻害したり、胎児発育に影響を与えて、低体重児の出産に関連することも知られているとされていて、カフェインを摂取すればする程カフェインの分解、排出に時間が掛かります。

そのため、妊婦はカフェインを摂取しない方が良いと言われる原因となるのです。

カフェインを摂取する事の効果は?


そうは言っても、カフェインを摂取する事で様々な効果があり、一概にカフェインは良くないというわけではないのです。

実際にカフェインを摂取する事で期待される効果は覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用があり、その中でもよく知られているのが眠気を覚ます効果です。

カフェインを摂取することで、脳の中枢神経はずっと興奮状態になるので、眠気が覚める為、起きていたい時や、何かに集中したい時はカフェインを摂取する事が好ましいのです。

【スポンサードリンク】

妊婦が摂取しても良いカフェイン量は?

カフェイン摂取量によっては妊婦でもカフェインを摂取しても良いとされているのですが、コーヒー1杯分のカフェイン含有量はおよそ50~100mgとなっていて、妊婦さんが1日に1~2杯程度のコーヒーを飲む分には、大きな影響はないので、安心してカフェインを摂取することができます。

しかし、人によっては1日に1~2杯でも良くない場合があるため、まずはかかりつけの産科医に相談してみることをオススメします。

まとめ

妊婦さんがカフェインを摂取しない方が良いとされる原因に胎児の発育への影響、低体重児の出産にかかわる可能性が考えられる事が分かりました。

その他にもカフェインを大量に摂取してしまう事で、頭痛、疲労感、軽い鬱症状が考えられ、子育てに集中することができなくなってしまう事も可能性として挙げられるため、妊婦さんはカフェインについて上手に向き合っていく事が大切です!

【スポンサードリンク】