手軽に作れて、美味しく飲むことができるインスタントコーヒーですが、お中元やお歳暮などでもらうことが多く、気がついたら賞味期限切れになってしまったという経験がありませんか?

そんなインスタントコーヒーの賞味期限切れですが、使い道はあるのでしょうか?

また、賞味期限切れの場合、飲んでも大丈夫なのか、保存方法はどうすればよいのかについて詳しく解説していきます。

【スポンサードリンク】

インスタントコーヒーとは?


当たり前の様に飲んでいる人も多いインスタントコーヒーですが、そもそもインスタントコーヒーとは一体何かご存知でしょうか?

そこで、インスタントコーヒーについて詳しく解説しますが、インスタントコーヒーとは、焙煎したコーヒー豆から抽出したコーヒー液を乾燥させて粉末にし、お湯に溶かすだけで飲めるようにしたものです。

お湯に溶かすだけで飲めるようになっている為、手間暇かからず、すぐに飲むことが出来るのでとても便利です。

インスタントコーヒーは美味しくない、香りが少ないと言われていますが、近年ではインスタントコーヒーでも十分に美味しく、香りが楽しめる様に改良されていることが多いです。

ちなみに、レギュラーコーヒーとは焙煎した豆からコーヒー液を抽出する飲み方の総称です。

そのため、インスタントコーヒー以外すべてのコーヒーの事をレギュラーコーヒーと言います。

賞味期限でも飲めるのか?


インスタントコーヒーの賞味期限はおよそ3年くらいなのですが、賞味期限が切れてしまった場合、飲むことはできるのでしょうか?

そこで、調査をしてみたところ、賞味期限切れから1~2年は飲むことが出来るという事がわかりました。

しかし、本来のコーヒーの香りや味が落ちてしまっている可能性が高く、保存状態が良ければ飲むことは出来ますが、湿気が含んでいたり、蓋を開けっぱなしにしていた場合はカビが生えてしまい、飲めなくなってしまう事もあるので、注意が必要です。

賞味期限切れの使い道はある?


残しておいたインスタントコーヒーの賞味期限切れやもらったインスタントコーヒーの賞味期限切れの場合、ただ捨てるのは勿体ないですよね。

そこで、インスタントコーヒーの賞味期限切れの使い道ですが、

・冷蔵庫や食器棚の消臭

・靴箱の湿気取りや脱臭

・灰皿に入れて消臭

といった使い道があります。

実は、賞味期限のインスタントコーヒーでもレンジでチンすると香りも復活します。

その他にも、インスタントコーヒーの香りで消臭効果もあり、カビが生えていない限り使い道はあるので、捨てずに有効利用する事が大事です。

【スポンサードリンク】

正しい保存方法とは?


インスタントコーヒーの賞味期限切れになってしまうのは仕方がない事ですが、そもそもインスタントコーヒーの正しい保存方法とは一体何でしょうか?

意外と知らない人が多いインスタントコーヒーの保存方法ですが、インスタントコーヒーの正しい保存方法はラベルの指示に従います。

ビン入りの場合は高温多湿を避け、ふたはしっかりと閉めて保存します。

袋入りの場合は袋の中の空気を抜き、しっかりと封をして高温多湿、直射日光を避けて保存します。

冷蔵保存や冷凍庫で保存をするという人もいますが、インスタントコーヒーを出し入れするときに、温度の変化で水滴が付着してしまい湿気る恐れがあるため、結露や湿気には十分気をつける必要があります。

まとめ

インスタントコーヒーの賞味期限切れの使い道や飲むことが出来るのか、正しい保存方法について説明をしましたが、いかがでしたか?

実際に間違った保存方法をしてしまったという人もいれば、賞味期限切れだと分かって捨ててしまった人も多かったのではないでしょうか?

使い道もとても多くあるので、この機会にぜひ見直してみることが大切です。

【スポンサードリンク】