シャンパンは美しい色合いと泡、ほのかな甘みと酸味がマッチした上品な味わいを持つ事で人気がとても高く、シャンパンはワインよりも繊細でデリケートな性質を持つ為、お祝いごとで飲むという人も多いのではないでしょうか?

しかし、シャンパンの賞味期限や未開封と開封後の保存方法についてあまり知らないという人も多く、美味しいシャンパンを台無しにしてしまっているという人も多いのです。

そこで、シャンパンの賞味期限や未開封と開封後の保存方法について詳しく解説していきます。

【スポンサードリンク】

シャンパンの賞味期限とは?


シャンパンは非常にデリケートなお酒と言われているだけあって、賞味期限も細かいのではないのかと疑問に思ってしまう人も多いのですが、実際にシャンパンの賞味期限はあるのでしょうか?

そこで、シャンパンの賞味期限について調査をしてみたところ、シャンパンに賞味期限は存在しない事が分かりました。

理由としてはアルコールが一定量以上入っているお酒は腐敗しにくく、メーカーが定める賞味期限は記載されておらず、安心して保存をしておくことができます。

しかし、保存状態によっては1年と持たずに飲めないほど劣化してしまう事があったりと、デリケートな為、やはり保存状態には気を遣う必要があります。

また、シャンパンの種類にもよるのですが、良くて100年程度は持つなんていうシャンパンも存在します。

シャンパンのグレードによっても変わる!?

実は、シャンパンにはグレードというものが存在しており、ノンヴィンテージは1~2年、ヴィンテージは3~5年、プレステージは7~10年カーヴで熟成してから出荷するため、出荷後の賞味期限も変わってきます。

しかし、出荷は速やかに飲んだ方が美味しく飲むことができると言われており、シャンパンのグレードによって判断することも重要になってきます。

【スポンサードリンク】

未開封と開封後の保存方法とは?


シャンパンを美味しく保存する方法というものを知っていますか?

実は、未開封と開封後では保存方法が大きく異なるので注意が必要なのですが、抜栓前の保存方法としては、コルクを乾燥させない為に、ボトルを寝かして保存をする事が好ましく、高温は避けて冷暗所に保存し、10℃~12℃に保つ必要があります。

抜栓後の保存方法はできる限りその日のうちに飲みきることが望ましいのですが、飲みきらない場合はシャンパンストッパーを使って蓋をする事で、炭酸や風味を損なわずに保存する事ができます。

それでも、最低限飲める風味をキープできるのは、2~3日が限度なので、早く飲むことが大切です。

ちなみに、常温で保存をするという人もいますが、常温での保存はあまり良いものではないので注意が必要です。

実際にシャンパンの保存は、湿度や温度が重要となってくるため、温度が一定ではなく、変化してしまう事で、風味が落ちてしまう事も考えられます。

まとめ

シャンパンを知れば知るほど美味しくシャンパンを飲むことができるようになります。

シャンパンの賞味期限についても調査をしてみて、シャンパンには賞味期限がないということが分かりましたが、より美味しくシャンパンを飲むためにもしっかりと冷蔵保存をし、栓抜後は速やかにシャンパンを飲むことをオススメします。

【スポンサードリンク】