エスプレッソと聞くと苦い、飲みにくいといったイメージを持っているという人が多いのですが、エスプレッソは本当に飲みにくいのでしょうか?

また、苦いと思い込んでしまっている人も多いのですが、エスプレッソのおすすめの飲み方は一体何でしょうか?

また、砂糖やミルクを入れるのが一般的なのか、エスプレッソの正しい作法はあるのかについて詳しく解説します。

【スポンサードリンク】

砂糖やミルクを入れるのが一般的?


エスプレッソは苦くて飲みにくい為、エスプレッソは飲み物ではなく、嗜むものとよく言われていますが、本当にエスプレッソは嗜むものなのでしょうか?

そこで、砂糖やミルクを入れるのが一般的なのか、入れない方が良いのかについて調査をしてみたところ、

エスプレッソは苦い、飲みにくいというイメージをもたれることが多いのですが、実際にはエスプレッソはストレートで飲むものではなく、無糖で飲むのは飲み方を知らない日本人とも言われている程、砂糖やミルクを入れるのが当たり前であるということがわかりました。

実際に、砂糖やミルクを入れる事で、デザート感覚でエスプレッソを楽しむことが出来ます。

また、砂糖やミルクを入れることで、甘い香りとマイルドな酸味を味わいにすることができ、より美味しくエスプレッソを楽しむことが出来るようになります。

エスプレッソのおすすめの飲み方とは?

最近ではコンビニやカフェで気軽に飲むことができるエスプレッソですが、自宅でエスプレッソを飲む場合におすすめの飲み方はあるのでしょうか?

そこで、自宅で簡単にできるエスプレッソのおすすめの飲み方について紹介します。

おすすめの飲み方

エスプレッソのおすすめの飲み方はたっぷりの砂糖を入れて、3~5口で飲み干す事がベストです。

砂糖を入れない方が良いのではないかと疑問に思っている人も多いかと思いますが、砂糖を入れることによって、味のバランスが整うだけではなく、風味が増します。

また、時間をかけずに飲むことも重要とも言われているのですが、その理由はクレマにあります。

クレマの寿命は1分ほどと、とても短いもので、時間をかけずに飲むことで美味しい状態でエスプレッソを最後まで楽しむことが出来るのです。

【スポンサードリンク】

正しい作法ってあるの?


本場イタリアならば正しい作法が存在するのではないかと疑問に思ってしまいますよね!

そこで、エスプレッソの正しい作法について調べてみたところ、イタリア流エスプレッソの嗜みというものが存在していることがわかりました。

イタリア流エスプレッソの嗜み

先ほどにも説明をした通り、エスプレッソは一気に飲むのがルールとも言われており、飲んだ後、底に溜まった砂糖をスプーンで食べるのもイタリア式でもあります。

日本ではあまり見かけない行動ではありますが、イタリアでは当たり前の様に行われているエスプレッソの嗜み方です。

エスプレッソを飲む際のマナーとして、飲む前にまずは香りを楽しみ、砂糖の入れ方においても、目安としてはスプーン2杯が適量であり、クレマを沈めないように入れる事が大切です。

こうする事で、よりエスプレッソを美味しい頂くことができます。

まとめ

エスプレッソの美味しい飲み方や嗜み方について紹介をしましたが、いかがでしたか?

実際に本場イタリアではエスプレッソは休憩中や、食後などに向いている飲み物であり、エスプレッソにはリラクゼーション効果があるため、気分転換にもぴったりで、実際に仕事の休憩時間にカフェに行くという人も多くいます。

エスプレッソの正しい飲み方や作法を改めて覚えて、よりエスプレッソを美味しく飲んでみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】