アイスコーヒーやアイスティーを飲む際にガムシロップや砂糖を使っているという人も多いのではないでしょうか?

しかし、ガムシロップや砂糖を使う際に気になる点として「カロリーの高さや太る危険性」が出てくるかと思います。

実際に、ガムシロップも砂糖も甘ったるいという方もいますし、どちらの方がカロリーが低いのかと悩んでしまったという人も多いのではないでしょうか?

そこで、ガムシロップと砂糖は代用できるのか、カロリーや糖質の違いについてもご説明します。

【スポンサードリンク】

そもそもガムシロップとは?

一般的に使われているガムシロップはただ甘いから砂糖の代わりになるのではないか、アイスコーヒーにはガムシロップが定番だと分かっているけれど、ガムシロップとは何かと質問された際に答えることができないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、ガムシロップとは何かについてご説明しますが、ガムシロップの成分は果糖ブドウ糖液糖、砂糖、水で、ガムシロップに使われている果糖ブドウ糖液糖に含まれる砂糖と水はごく僅かとなっているため、賞味期限も1年前後と長くなっております。

ちなみに、ガムシロップのカロリーは一般の容量が13~16g、カロリーは25~37kcal前後となっています。

砂糖の賞味期限とカロリーは?

続いて、砂糖の賞味期限とカロリーですが、実は砂糖には賞味期限が存在しません。

これは長期にわたり使用していても、誤った保存方法をしない限りは基本的に変質することもなく、いつまでも美味しく使うことができるようになっているからです。

また、開封後の保存の仕方で注意しなければいけない点として、砂糖は湿度の変化に弱い為、

湿気が入らないように密封容器に移し替え、湿度の低い冷蔵庫に保存することが望ましいです。

また、砂糖のカロリーとして大さじ1杯分のカロリーは27kcalとなっており、砂糖によってはカロリーが異なるものの、あまり大きな差がないことがわかります。

【スポンサードリンク】

砂糖とガムシロップの代用は?


砂糖を使わなければいけないのに、ガムシロップを使わなければいけないのにそれぞれ無いという場合、他に代用をすることができないのかと疑問に思ったことはありませんか?

実は、ガムシロップと砂糖の代用がきくはちみつがオススメで、はちみつにはブドウ糖、果糖が含まれているといった点があり、

吸収が早く、エネルギーになるまでの時間が短いというメリットがあるため、

効率的に摂取することができ、胃や腸にもあまり負担がかからないため、積極的にはちみつを使っているという家庭も多くあります。

まとめ

砂糖とガムシロップのそれぞれのカロリーや賞味期限について調査をしてみましたがいかがでしたか?

実際に砂糖とガムシロップにはそれぞれ特徴があり、用途によっては素晴らしい効果を発揮してくれます。

また、砂糖やガムシロップが無い場合ははちみつで代用をすることができ、はちみつを使うことで、多くのメリットがあることも分かりました。

普段、砂糖やガムシロップを使っているご家庭はこの機会に一度はちみつを試してみてください!

【スポンサードリンク】