• 栄養価が高くカルシウムが多くとれる牛乳は毎日飲んでいる方も多いかと思います。

    朝食とともに摂ったり、お風呂上がりに飲む一杯は最高に美味しいですよね!

    そんな牛乳ですがカロリーや糖質が高いいイメージもあります。

    健康バランスのために毎日摂りたいですが、太るというのは本当なのでしょうか?

    今回は牛乳のカロリーや糖質についてご紹介します。わかりやすくコップ一杯の量でご紹介しますので参考にしてみてくださいね!

    【スポンサードリンク】

    牛乳のカロリーはコップ一杯でどのくらい?


    コップ一杯で1日に必要なカルシウムの3分の1を摂ることができ、他にも様々な栄養素がつまった牛乳ですが、カロリーが高いイメージがありますよね。

    牛乳のカロリーは成分無調整の普通牛乳でコップ一杯、200mlでおよそ135kcalです。

    また低脂肪牛乳は200mlでおよそ92kcal、無脂肪牛乳はおよそ76kcal。水分を調整した成分調整牛乳はおよそ100kcalです。

    カロリーが気になる方は低脂肪牛乳や無脂肪牛乳でしたら普通の牛乳より低いのでおすすめです。

    「牛乳」とまとめて呼ばれますが、このようにいくつか種類があります。

    どのような違いがあるのでしょうか?

    牛乳の種類

    ●成分無調整の牛乳
     ■牛乳
     ·····牛乳を製造する過程で何も成分調整せず加熱処理のみを行ったもの。

    ●成分を調整した牛乳
     ■低脂肪牛乳
      ·····乳脂肪分のみを調整し低くしたもので、普通の牛乳よりカロリーが低いがたんぱく質やカルシウムは普通の牛乳と変わらない。味も無調整のものより薄いのが特徴。
      
     ■無脂肪牛乳
      ·····乳脂肪分のみを調整し、脂肪分のほとんどを取り除いたもの。普通牛乳と比べると少し独特な味がするのが特徴。

     ■成分調整牛乳
      ·····成分を調整した牛乳の中で、低脂肪牛乳と無脂肪牛乳に当てはまらないもの。乳脂肪分に加えて水分も調整している。

    微妙な違いによって分けられていますが、市販されいるものはほとんどが『牛乳』『低脂肪牛乳』『無脂肪牛乳』の3つになります。

    牛乳の糖質はコップ一杯でどのくらい?


    成分無調整の普通牛乳200mlには約9.6gの糖質(炭水化物)が含まれます。

    低脂肪牛乳は200mlあたり約11gの糖質が含まれており、カロリーは普通牛乳比べて低いものの糖質量は多いことがわかります。

    「糖質」というと甘いもので太りやすいものと思いがちですが、牛乳に含まれる糖質(炭水化物)の99.8%が「乳糖」という物質になります。

    乳糖はほのかな甘みがありますが、カルシウムの吸収を助けてくれたり腸の働きを助け、便秘にも効果的とされています。

    【スポンサードリンク】

    牛乳が太るというのは嘘?


    カロリーだけみると、高カロリーで太りやすいと思われる牛乳ですが、実はダイエット効果があるとされいます。

    飲むだけで痩せる、「牛乳ダイエット」も最近流行っていますよね!一体どんな効果があるのでしょうか?

    空腹感を和らげる効果がある

    意外とカロリーが高い牛乳ですが、そのおかげで1杯飲むだけで満腹感を与えてくれます。

    水やお茶などとは違って空腹感を和らげてくれるわけです。

    食事の前に飲んだり小腹が空いた間食時に飲めば食べ過ぎやつまみ食いの防止になります。

    できるだけゆっくりと飲むとより効果を発揮してくれます。

    新陳代謝を上げる効果がある

    ダイエットを効果的に行うためには、新陳代謝をあげて痩せやすい体を作る必要があります。

    牛乳にはカルシウムがたっぷり含まれるのは皆さんご存知の通りですが、カルシウムは骨や歯を丈夫にしてくれる他にも、実はダイエット効果があります。

    カルシウム不足の体は体脂肪が燃えにくくなっていってしまいます。牛乳を飲むことによりカルシウムをしっかり摂り、脂肪を燃やし痩せやすい体を作ることができます。

    アミノ酸による脂肪燃焼効果がある

    牛乳には「バリン・ロイシン・イソロイシン」という体脂肪を燃焼させるのに必要なアミノ酸が豊富に含まれます。

    体脂肪の燃焼効果だけでなく筋肉の維持や増加にも繋がるので太りにくい体を作る効果が期待できます。

    ダイエットに効果的な牛乳だが注意点もあり!

    様々な効果が期待できる牛乳ですが、注意点もいくつかあります。

    飲み過ぎには注意!

    痩せやすい体を作るために必要な栄養素が詰まった牛乳ですが、先ほど紹介したとおりコップ1杯135kcalと高カロリーのため、飲みすぎると太ってしまう原因になるので要注意です。

    お腹を壊す原因にも

    体質によりますが中には牛乳によりお腹を壊してしまうという人もいます。

    ダイエットに効果的な牛乳ですが、牛乳を飲むことによって下痢や腹痛が続いてしまう方にはおすすめできません。

    まとめ

    牛乳のカロリーと糖質について!コップ一杯だとどのくらい?太るのは嘘?

    • 牛乳のカロリーはコップ1杯(200ml)で普通牛乳は約135kcal、低脂肪牛乳は約92kcal、無脂肪牛乳は約76kcal
    • 牛乳の糖質はコップ1杯(200ml)で普通牛乳は約9.6g、、低脂肪牛乳は約11gと、低脂肪牛乳の方が糖質は高い
    • 牛乳には様々なダイエットに期待できる効果がある
    • ただし高カロリーであるため飲みすぎると太る原因になる


    今回は牛乳のカロリーと糖質、太るというのは本当なのかについてご紹介しました。

    意外にも高カロリーな牛乳ですが、健康な体作りに効果的な上に実はダイエットにも向いていることがわかりました。

    牛乳の飲みすぎには注意しつつ、効果的な飲み方を探してみてくださいね!

    【スポンサードリンク】