エスプレッソといえばどのようなものを連想させますか?

濃くて苦い飲み物、コーヒー通が飲むもの、といったように、上級者向けのイメージがありませんか?

ですが実はエスプレッソは苦いだけではなく、飲み方によってはお手軽で美味しい飲み物なのです♪

今回はそんなエスプレッソの、美味しい飲み方をご紹介します!

【スポンサードリンク】

エスプレッソについて

そもそもエスプレッソとコーヒーの違いはなんなのでしょうか?

エスプレッソはコーヒーよりも濃いめ、ということはなんとなく予想はつきますが…

まずはエスプレッソについて簡単にご紹介したいと思います。

エスプレッソとは

深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を、沸騰水を加圧状態で抽出したコーヒーのことをエスプレッソといいます。

分かりやすく言うと、マシンで圧力をかけながら一気に抽出したコーヒーのことです。

急速に抽出するという意味合いから、イタリア語で”急行”を意味する「Espresso」が語源のようです。

エスプレッソの歴史

エスプレッソはイタリア発祥の北米育ちです。

イタリアやフランスではコーヒーといえばエスプレッソのことを指します。

1806年にフランス植民地でコーヒー豆や砂糖が不足し、特にイタリアではコーヒー豆が急激に不足します。

原料不足ということで、コーヒーの量を減らして提供するスタイルができ始め、それがエスプレッソのはじまりだと言われています。

エスプレッソとコーヒーの違い

違いについてざっくりと言ってしまうと、ドリップかマシンかの違いです。

コーヒーは焙煎して挽いたコーヒー豆にお湯を注いでじっくり抽出しますが、

エスプレッソは深煎りのコーヒー豆を使用しマシンなどで短時間で一気に抽出します。

そのためエスプレッソは、コーヒーの雑味を抑え、旨味だけを引き出しコクが際立ちます。

濃くて苦いイメージが強いですが、より洗練された味わいとなるのです。

深煎りの豆を使用している関係で、コーヒーのように時間をかけて抽出すると苦味とえぐ味が強くなってしまします。

余談ですが、「コーヒー+牛乳」が「カフェオレ」、「エスプレッソ+牛乳」が「カフェラテ」です。

エスプレッソの飲み方


本場イタリアやフランスではコーヒーと言えばエスプレッソですが、

日本においてはまだまだコーヒーと言えばドリップの方を連想させますし、若者でエスプレッソを好む人もそう多くはないでしょう。

通はブラック、は間違い?

どんな飲み物にしても、通はストレートで飲むものというイメージはありませんか?

コーヒーならば、もちろんブラックが通。苦いコーヒーを何食わぬ顔で飲んでいるのがカッコいいと思われる方もいそうですね。

ですが本場イタリアでは砂糖をがっつり入れるのが普通だそうです。

小スプーン1杯を入れるのが本場のスタンダードです。

むしろ砂糖を入れることにより、旨味やコク、香りをより際立たせることができるのだとか。

「コーヒーはブラックで」というイメージを捨て去り、砂糖を入れて飲んでみるといいでしょう♪

エスプレッソは一気に飲み干せ!

ブラックのままだと苦いし濃いし、ちびちび飲んでしまいがちではないですか?

エスプレッソのスタンダードな飲み方は、3〜5口ほどで一気に飲み干す飲み方です!

マシンでエクプレッソを抽出すると、表面に泡の層ができますよね。

その泡の層はクレマと呼ばれ、クレマの寿命は1分ほどです。

エスプレッソはクレマの他にも層があり、上から順に「クレマ」「ボディ」「ハート」となっています。

この3層を保てるのは10秒ほどのようで、お店で注文し席に運ばれる頃には3層を拝めなくなっていますが

淹れたてほどよりエスプレッソの味を楽しめるので、是非時間をかけず、短時間で飲み干してみましょう。

【スポンサードリンク】

エスプレッソでアレンジメニュー

ドリップコーヒーとエスプレッソでは、アレンジにも違いが生まれてきます。

お酒でイメージしてもらうと分かりやすいかもしれませんが、炭酸などで割る元のお酒(原液)は濃いですよね。

梅酒の原液をソーダーで割るのと、梅酒ソーダーをさらにソーダーで割るのと、同等の違いがあります。

“原液”であるエスプレッソはアレンジに向いているのです♪

カフェモカ

定番のカフェモカです。

エスプレッソにスチーミングミルクを加え、チョコソースをかけてできあがりです。

甘くてほろ苦いスイーツ系のドリンクとして大人気です。よくカフェのメニューにありますよね。

カフェアッフォガート

エスプレッソにバニラアイスを沈めたカフェアッフォガート。

デザートとして大人気の商品です。イタリアンレストランやおしゃれな居酒屋などでよく見かけます。

カフェチョコラータ

世界的に人気の代表的なアレンジ。

エスプレッソをココアで割ったものです。特に冬場にオススメです♪

生クリームやマショマロをトッピングするとより見た目も可愛らしく仕上がります。

アメリカン

日本人向けのアレンジともいえます。エスプレッソにお湯を加え薄めたものです。

若い世代よりもシニア世代に人気のアレンジです。

まとめ

エスプレッソは苦いだけじゃない!美味しい飲み方は?

  • エスプレッソとコーヒーは抽出の仕方に違いあり!
  • ちびちび飲まず、一気に飲んでみよう!
  • カフェ界の原液!アレンジ自在!

いかかでしたでしょうか。コーヒーの旨味とコクが凝縮され、さらに抽出方法により雑味がなくなった洗練された味わい。

さらにカフェ界の原液ということで、様々なドリンクにアレンジ自在です♪

是非お砂糖を入れて、飲んでみてください♪

【スポンサードリンク】